ホーム » ストレス

ストレス」カテゴリーアーカイブ

人間関係のストレスを解消する

看護師はやりがいがある仕事である反面、色々な問題に直面してストレスが溜まりやすい職業でもあります。ストレスの原因には、人間関係の悩み、夜勤や残業によりプライベートが確保できないといった悩みなどがあります。そんなストレスをずっと抱えながら仕事をしても決して長く続かないため、出来るだけストレスのかからない仕事のやり方を見つけた方がいいでしょう。
特に、人間関係の悩みはどんな職場でもあることです。そんな中、看護師の職場はほとんど女性が占めており、女性特有の人間関係の難しさがあります。女性は仲間意識が強い人が多い傾向にあり、派閥が生まれて、トラブルを解決する仲介者が現れにくいという一面があります。自分を良く思わない上司から必要以上に責め立てられるような理不尽な目に遭ったり、経験を積んで後輩を指導する立場になっても感謝されず、陰口を言われるようなこともあります。そしてそんな状況に立たされて、自分はこんなにも頑張って苦しんでいるんだから、他人に辛く当たるのは仕方ない、と感情的に当たり散らして、理不尽なことを正当化してしまう人もいます。こうした状況はすべての人にとって苦しいものであり、これが続けば、職場の人はどんどん離職していなくなってしまうでしょう。
人間関係の悩みは、不満に思っていることを上司も交えて話し合うのが基本的な解決方法ですが、限界もあります。価値観が違う者同士がそう簡単に和解することはありません。人間関係のストレスで仕事に支障をきたすようなら、異動願いを出すことも選択肢に入れていいでしょう。もしそれも叶わないなら職場を変えることも手です。
どこの病院も慢性的な看護師不足の状態にあるため、新たな職場が見つからない事態になることはありません。自分の生活がストレスで潰れてしまう前に、環境を変えることを選択肢として入れておけば、気分も楽になるはずです。

甘く見てはいけないストレス

仕事をしていると、さまざまなストレスがあると思います。人間関係のストレスもあれば、仕事が思い通りに進められないというストレスもあるでしょう。看護師の仕事をしている中でも、忙しすぎて自分の時間が作れないというストレスを感じてしまうようです。仕事というのは、生活の中で大きな割合を示すものではありますが、やはり自分の時間がないというのは辛いでしょう。看護師にも、ストレス発散が必要です。
ストレスがあると感じている看護師は多いですが、ストレスに対してしっかり解消しなければと思っている人は少ないのではないでしょうか。「ストレスが溜まるのは仕方がない」「多少放おっていても問題ない」と思っている看護師は多いようですが、ストレスというのは思っている以上に体に負担があるものです。ストレスが溜まりすぎてしまうと、精神的にダメージを受けてしまうこともあります。また、ホルモンバランスが崩れてしまうことで体調不良を起こしてしまうこともあるのです。気が付かないうちに大きなストレスとなってしまい、取り返しがつかなくなってしまうケースもあります。こうならないためには、その時々でストレスを発散していくことが大切です。ストレスで体を壊してしまえば、働くことすらできなくなってしまいます。ストレスを甘く見ていると後々後悔してしまうことになるので、早めに対処していくことがポイントです。
今までストレスを甘くみていた看護師は、その時々で発散していくように気を付けましょう。ストレスをゼロにすることは難しいですが、溜めこまないように気を付けることはできます。気持ちよく仕事を続けていくためにも、ストレス発散は欠かせません。