ホーム » 痛みがある部分をケアする

2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    痛みがある部分をケアする

    毎日あっという間に一日が終わってしまうという看護師は多いと思います。特に、大きな病院であればあるほど、対応する患者の数は増えるものです。常に緊張感を持って動かなければならない仕事なので、仕事が終わった後はぐったりしてしまうという看護師も多いのではないでしょうか。
    看護師が一番負担を感じやすい体の部位は、腰だといえます。全国的に見ても、腰痛を抱えている看護師は多いようです。入院病棟を担当している看護師の場合、患者のベッドの移動など力を使う仕事が多くなります。腰をかがめて患者の対応をすることが多いため、腰への負担がどうしても大きくなってしまうようです。そのため、仕事中に腰ベルトやコルセットなどを巻いて対応している看護師も少なくありません。もちろん、毎日バタバタと動き回っているので、仕事が終わった時は腰だけではなく体全体が疲れている状態となるでしょう。時には急病の患者を対応することもあり、緊張で体へ力が入ってしまっています。その結果、体へ痛みが出てしまうのです。
    こういった体の疲れを回復するためには、やはり体をゆっくりと休めることではないでしょうか。帰宅後はお風呂に入って体を温め、リラックスすることが大切です。時間があるのであれば、休日はマッサージなどに出かけ、疲れているところをケアしてもらうのも良いと思います。看護師の仕事を続けるためには、その都度痛みがある部分をケアしていく努力も必要です。


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です